相続放棄のできる期間

民法は、相続の承認・放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月の期間内にしなければいけないと定めています(民法915条1項本文)。この3ヶ月の期間を、熟慮期間といいます。

この3ヶ月の熟慮期間内に相続放棄の申述をしなければ、原則として被相続人の全ての権利義務を承継することになります。

気をつけなければならないのは相続財産の処分です。相続財産たる不動産を売り払ったり、被相続人の借金を弁済してしまった場合は、自分が相続人であることを認めたことになり、3ヶ月の熟慮期間内であっても以後相続放棄はできなくなります(法定単純承認、民法921条1号)。

 

お問合わせ・ご相談はこちら 

費用(司法書士報酬および実費)はこちら

 

▲このページのトップに戻る