期間経過後の相続放棄

相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月の期間内にしなければいけません(→相続放棄のできる期間 参照)。

3ヶ月の熟慮期間経過後に債務があることがわかった場合

では、相続放棄の手続をしないまま3ヶ月すぎてしまった後に、とつぜん債権者があらわれ、多額の債務を請求してきたような場合はどうでしょうか。相続放棄をすることは絶対にできないのでしょうか。

例外がある

たしかに、条文をすなおに読めば相続開始より3ヶ月たった場合には相続放棄は許されないように思えます。しかしながら、@法定相続人がその相続財産(債務など)のあることを知らず、A被相続人と疎遠であったなどしてその知らないことが無理もないと認められる場合には、例外的にその債務などを知ったときから3ヶ月以内は相続放棄が認められるとされています。

この点につき判例は、「相続人において相続開始の原因となる事実及びこれにより自己が法律上相続人となつた事実を知つた時から3か月以内に限定承認又は相続放棄をしなかつたのが、相続財産が全く存在しないと信じたためであり、かつ、このように信ずるについて相当な理由がある場合には、3ヶ月の熟慮期間は、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべかりし時から起算するのが相当である」と判断しました(最高裁昭和59年4月27日判決)。

判断の基準はむつかしい

このように、3ヶ月の熟慮期間を過ぎた後でも、場合によっては相続放棄が認められる場合があります。しかしながらそのための要件として、上記最高裁判例は@相続人が相続財産が全く存在しないと信じたこと、Aまたその信じたことにつき相当な理由があると裁判所が認めたことの2要件を挙げます。

この最高裁判所の基準は「相続人が相続財産が全く存在しないと信じたこと」を要件として挙げておりますので、相当厳しい基準ですが、その後に出た下級審判決にはもう少し緩やかな基準によるものが多いので注意が必要です。

 

お問合わせ・ご相談はこちら 

費用(司法書士報酬および実費)はこちら

 

▲このページのトップに戻る