相続放棄のメリットとデメリット

 

相続放棄のメリット

1  債務をまぬがれることができる

被相続人が債務超過のまま亡くなった場合、相続放棄により、その債務を免れることができます。また、被相続人が保証人である場合や債務の額が不明な場合に債務超過が予想される場合には、相続放棄することができます。

2  相続財産の散逸を防ぐ

被相続人の財産を特定の相続人のみに相続させたい場合、相続放棄の手続を利用するのが、確実です。

3  手続が簡単

単独でできるので、他の相続人と仲違いしている場合や、他の相続人と面識がない場合でも安心です。

 

一方、相続放棄のデメリットとしては

1  相続財産を取得できない

相続財産を放棄しますので、被相続人の預貯金、不動産、現金、動産一切を相続することができません。

2  撤回できない

  いったん相続放棄をしたら、後から撤回することは認められません。

3  代襲相続ができない。

被相続人より先に相続人が亡くなった場合および相続人に欠格事由があったり、廃除された場合には、その相続人の子供が代わって相続人の地位を取得します。これを代襲相続といいますが、相続放棄の場合は、はじめから相続人でなかったものと扱われるので、代襲相続は起こりません。 

 

お問合わせ・ご相談はこちら 

費用(司法書士報酬および実費)はこちら

 

▲このページのトップに戻る