未成年者の相続放棄

未成年者は単独では完全な法律行為ができませんので、相続放棄においても、法定代理人が未成年者を代理して行うことになっています。

 

この場合問題となるのが、法定代理人と未成年者の利益相反です。

夫が妻と未成年の子を残して死亡した場合、妻が親権者として子の法定代理人となります。このような場合、妻も子も相続放棄する場合は問題ありませんが、親権者である被相続人の妻が子を代理して、子だけが相続放棄すると財産を自分だけに集中させることが可能になってしまいます。

また,同一の親権に服する複数の子がいる場合も、すべての子が一律に相続放棄をする場合は問題がありませんが、ある子は相続放棄をし、その他の子は相続放棄をしない場合は、特定の子だけに財産を集中させるために他の子が相続放棄するという事態もあり得ますから、利益相反の可能性があります。

そこで、未成年者と法定代理人が共同相続人であって未成年者のみが相続放棄をするとき(法定代理人が先に相続放棄している場合を除く。)、または複数の未成年者の法定代理人が一部の未成年者を代理して相続放棄をするときには,当該未成年者について特別代理人を選任しなければならないとされています。

特別代理人は、未成年者の立場から適切な人を候補者として、家庭裁判所に申し立てて選任してもらいます。未成年者と利害関係がなければどなたでもかまいません。未成年者の伯父、伯母、祖父、祖母などが選ばれる事が多いです。

特別代理人は,家庭裁判所で決められた行為についてのみ代理権などを行使し、家庭裁判所で決められた行為が終了したときは、特別代理人の任務は終了します。

 

お問合わせ・ご相談はこちら 

費用(司法書士報酬および実費)はこちら

 

▲このページのトップに戻る