後順位者の相続放棄

民法上、第一順位の相続人は子、第二順位の相続人は両親、第三順位の相続人は兄弟となっています(なお、被相続人の配偶者は順位に関係なく常に相続人です)。

先順位の相続人の全員が相続放棄してしまった場合、次順位の人が相続人になります。

そこで、被相続人の残した借金を免れるために子と配偶者が相続放棄しても、それだけでは終わらず、借金は第二順位の相続人たる両親が負うことになります。両親も相続放棄した場合、あるいはすでに亡くなっている場合は、第三順位の兄弟が借金を負うことになります。

 

したがって、被相続人の借金を免れるために相続放棄をする場合は、後順位の相続人にも連絡を取った上で全員が相続放棄をした方がよいでしょう。

 

その場合、前順位の相続人が全員相続放棄することによって、初めて次順位の人が相続人の地位を得ますから、前順位の人たちから順次相続放棄をしていくことになります。後順位の相続人の熟慮期間は前順位の人たちが全員相続放棄をしたことを知ってから3ヶ月です。

 

また、被相続人の配偶者に全財産を相続させようとして子が相続放棄をしても、被相続人の親または兄弟がいる場合はそれらの者に相続人の地位が移ってしまうので、それらの者全員に相続放棄してもらう必要があります。一人でも相続放棄に応じない者がいると、その者も相続人になってしまい目的を達成することができません。したがって、このような場合には子と配偶者が遺産分割協議をすることで配偶者に全財産を相続させる方法によった方がよいでしょう。

なお、問題となる相続人の範囲ですが、第一順位の相続人とは子、子がすでに亡くなっている場合は、その子が代襲相続します。第二順位の相続人である両親、第三順位の相続人である兄弟、兄弟がすでに亡くなっている場合はその子が代襲相続します。

相続放棄した者ははじめから相続人でなかった者とみなされるので、相続放棄した者の子供たちは代襲相続することはありません。

 

お問合わせ・ご相談はこちら 

費用(司法書士報酬および実費)はこちら

 

▲このページのトップに戻る